こんにちは!埼玉県吉川市に拠点を置き、都内から関東一円までの地域で原状回復工事、スケルトン工事といった内装解体を承っている、株式会社恩田工業です!
解体工事ではさまざまな建材などを剥がしていく作業に伴って、有害な物質が発生してしまうケースがあります。
そのままにしておけば人体に悪影響が出てしまうため、解体工事の現場においては有害物質への対策が欠かせません。
今回は、解体工事において行われている有害物質対策について、ご紹介いたします。

アスベストやカビ

解体工事
皆様は、アスベストという物質の名前を耳にされたことはあるでしょうか?
一時期はニュースで取り上げられていたため、聞いたことがある方も多くいらっしゃるでしょう。
アスベストは石綿とも書かれる天然の繊維状けい酸塩鉱物で、極めて繊維が細い性質を持っているのが特徴です。
一時期は保温や断熱が目的の建材としてアスベストは頻繁に利用されていました。
しかし人体にとって有害であり、肺線維症などを引き起こす原因になるとして使用が禁止されたのです。
現在でもアスベストが使用されていた時期の建物が残っていることがあり、解体を行わなければならない場合にはアスベストの飛散に厳重に注意しなければなりません。
また、アスベストと同様にカビも人体に悪影響を及ぼす物質として解体工事の際に注意が必要です。

有害物質への対策

有害物質が出る解体工事を行う際には、まず現場周辺に人が近寄らないように立ち入り禁止の看板などを建てなければなりません。
建物には養生シートの覆いを設けて、常に粉塵の飛散を防ぐべく散水などを行いつつ、外側に粉塵が漏れ出さないように細心の注意を払います。
湿潤化は、アスベストなどの粉塵が飛び散らないようにする有効な手段として働くでしょう。
また、現場作業員の安全を守るために防護服や防塵マスクの着用を徹底します。
解体工事業者ではさまざまな対策を重ねて行うことで、有害物質に備えているのです。

恩田工業へご相談ください!

お問い合わせ
恩田工業は埼玉県吉川市の解体工事業者として、主に店舗やオフィスなどを対象とした解体工事を数多く手掛けております。
私たちは東京都内から関東一円を施工エリアとして、さまざまな解体を手掛けてきました。
弊社では全ての現場に経験豊富なベテランスタッフを帯同させる方針をとっており、安定した品質での施工を実現させています。
施工に関するご要望に細やかな対応をいたしますので、各種解体のご依頼は恩田工業へご連絡ください。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。


飲食店など店舗に関わる解体は吉川市の株式会社恩田工業
ただいま、解体に携わる新規スタッフを求人中です!
〒342-0038  埼玉県吉川市美南三丁目7-18
TEL:048-983-5284    FAX:048-915-2756
※求人、お見積り以外はご遠慮願います。